マレーシアのIHHヘルスケアはインド大手の2位、フォルティスを買収【シンガポール:医療】

シンガポールに本社を置くマレーシアのIHHヘルスケア
(IHH:5225)は、インドの病院、フォルティス・ヘルスケアの
買収を発表しています。
同病院はインドで2番目に大きな民間病院チェーンです。

フォルティスが保有していた高品質のプライベートヘルスケアに
対する需要の高まりに伴い、インド国内の医療サービスの成長の
可能性があることを受けて、買収を決定しました。

IHHヘルスケアは同社の入札競争で一般オファーを通じ、
フォルティスの過半数株式を取得するため、735億インドルピー
(14億7000万USドル)以上を投資しました。

IHHヘルスケアの完全子会社、NTKはフォルティスが実施する
400億ルピーの第三者割当増資を引き受け、株式31%を
取得します。
さらに公開買い付けで最大26%の追加取得を目指します。

フォルティスの株式取得により同社が保有している37の病院、
合計5,400床数以上の病院施設を吸収します。
中間層が増加し経済成長に伴って拡大するインド国内の
医療サービス需要を取り込みます。

IHHヘルスケアは2018年3月末現在、6つの病院と3つの
医療センターで1,600床数を運営しています。
9か国で展開しマレーシア、シンガポール、インド、中国、ブルネイ、
アラブ首長国連邦に病院があり、トルコ、ブルガリア、マケドニア、
イラクの21病院ヘルスケアサービスを提供しています。

IHHヘルスケアは既にインドに進出しているため、フォルティスの
買収により、インド国内で37の病院を運営する大型病院グループに
なります。

同社は2018年第4四半期にこの買収手続きが完了すると
予想しており、2018年12月に終了する会計年度の業績には
大きい影響を与えるとは考えていないとしています。
同社の2017年の業績は売上、111億4200万リンギ、
純利益9億6900万リンギでした。