バンコク・エアウェイズはワールド・ベストリージョナルエアラインに選定【タイ:航空サービス】

タイの航空会社、バンコク・エアウェイズBangkok Airways(BA)は
ワールド・ベストリージョナルエアラインおよび
ベストリージョナルエアライン・アジアに選ばれたと発表しました。
安定した成長性と持続可能性の高い航空会社として選定されたとしています。

優れた事業運営のほか、航空会社や地域社会の持続可能な
発展を達成するために同社の運営する空港や周辺地域社会に
様々な機会創出を目指していることが評価されました。
活動例を挙げると環境回復、廃棄物マネジメント、マングローブ植樹、
ココナッツ植樹、学校や寺院の建物改築などです。

また、バンコク・エアウェイズ(BA)は若者のための
教育機会創出にも参加しています。
PG Edugetherプロジェクトと呼ばれるプログラムでは
KMIT Thonbuiと共同で教育・育成事業を進めています。
教授法や教材の改善、奨学金や教育用品の提供、
地域学校の教員養成、英語教育クラブ、航空関連専門職に
関するナレッジシェアリングなどがあります。

バンコク・エアウィズ(BA)はタイの航空サービス
運営企業です。
バンコクからタイ国内リゾート地や近隣諸国に
旅客輸送サービスを提供しています。
サムイ島・スコタイ・トラートの空港運営などもしています。
代表はプラサート・プラサトーング=オーソット氏です。
2017年業績は売上293億900万バーツ、
純利益7億8700万バーツでした。