石炭・発電のバンプーはベトナムへ進出【タイ:エネルギー】

石炭・発電企業、バンプー(BANPU)はベトナムへ積極的な投資を
進めています。
2019年はおよそ200万トン規模でベトナムへ石炭を販売していく
計画です。
バンプー社CEOであるSomruedee Chaimongkol氏は
同社の石炭輸出でベトナムは10位にランクされていて、
電力消費需要が高まっているため高い市場可能性があると
コメントしています。

ベトナム電力開発計画によると、電力消費は2018年の
65ギガワット(GW)から2030年までに130GWまで倍増すると
予測されています。
ベトナムの石炭埋蔵量は電力需要をまかなうには不十分なため、
他国から輸入しなければならないとしています。

バンプー(BANPU)社は2018年に約130万トンの石炭をベトナムに
輸出しました。
同社はインドネシアの石炭鉱山とオーストラリアの石炭鉱山から
石炭を輸送する準備が整っていて安定供給出来るとしています。

さらに同社はベトナム・ホーチミンに石炭貿易と事業の
プレゼンスを管理するための事務所を設立し、マーケティング、
顧客サービス、研究、貿易協定および物流システムをカバーする
体制を整えました。

バンプー(BANPU)社ではさらに、風力発電プロジェクトの開発と
太陽光発電プロジェクトの実現可能性検討も進めていると
しています。

同社は今後3つの事業セグメントを伸ばす計画です。
エネルギー上流工程では石炭採掘と天然ガス採掘、
中流工程ではサプライチェーンと石炭取引管理、
下流工程では電力開発、再生可能エネルギー発電開発、
スマートエネルギーシステムなどを進めています。