2018年シンガポールの観光客数は1850万人で過去最高【シンガポール:観光事業】

シンガポール政府観光局(Singapore Tourism Board)が
観光統計を発表しています。
2018年の1年間で、シンガポールへの外国人旅行者数は
2017年比6.2%増の約1,850万人となり、過去最高を
記録しました。

シンガポールへ入国した観光旅行者の国・地域別では中国が
約342万人でトップでした。
次いでインドネシア(約302万人)、インド(約144万人)、
マレーシア(約125万人)、オーストラリア(約111万人)、
日本(約83万人)、フィリピン(約78万人)、
アメリカ(約64万人)、韓国(約63万人)、
ベトナム(約59万人)の順でした。

・シンガポールの観光旅行産業上場企業

シンガポール国際航空(SIA:C6L) 航空サービス
2018年業績(Mar18):売上15,806M SGD、純利益893M SGD

ゲンティン・シンガポール(GentingSP:G13) 
娯楽施設・カジノ・ホテル
2017年業績:売上2,108M SGD、純利益601M SGD

ホテル・プロパティーズ(HPL:H15) 24ホテル経営
2017年業績:売上659M SGD、純利益165M SGD

GL(旧グオコ・レジャー)(GuocoLeis:B16) ホテル・娯楽
2017年業績:売上462M SGD、純利益95M SGD

シャングリラ・アジア(Shangri La:S07) ホテル経営
2017年業績:売上17,065M HKD、純利益1,231M HKD

マンダリン・オリエンタル(ManOri:M04) ホテル経営
2017年業績:売上610M USD、純利益54M USD

バンヤン・ツリー(BanyanTree:B58) ホテル経営
2017年業績:売上317M SGD、純利益12M SGD

OUEリミテッド(OUE:LJ3) ホテル経営・不動産
2017年業績:売上754M SGD、純利益98M SGD