1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイのカフェ・アマゾンとインタニン・コーヒーのフランチャイズ展開に関して【タイ:カフェチェーン市場】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイのカフェ・アマゾンとインタニン・コーヒーのフランチャイズ展開に関して【タイ:カフェチェーン市場】

タイ国営石油PTTでは2004~2007年戦略にPTTの新しい
イメージを植え付ける方向を打ち出しました。
500以上のPTTガソリンスタンドの中から、まず230カ所で
フレッシュなコーヒー飲料提供する戦略を採用しました。

その後、同社はアユタヤ県においてCafe Amazon Coaching
Academyを設立し、カフェ・アマゾンCafé Amazonの
フランチャイズ・ビジネスを立ち上げました。
興味を持った投資家に向けてフランチャイズ店舗を
増加させた結果、2013年には店舗数1,200店舗へ達し、
その後も成長を続けています。

年間新規支店数を200~250店舗とし、2016年には1,700支店、
総売上は80億バーツに達しました。

今後の目標は海外・国際市場参入を掲げています。
アセアン近隣諸国では2017年時点で28店舗があり、
ラオス、カンボジア、ミャンマー、フィリピン、日本、
オマーンなどで展開しています。

カフェ・アマゾンでフランチャイズに加盟する場合、
40~100平米の広さで約200~300万バーツの費用が
掛かります。
6年ごとに更新が必要で、15万バーツのフランチャイズ
料金が含まれます。

インタニン・コーヒーを運営するバンチャーク石油
(BCP)では1,070カ所のガソリンスタンドを
運営しています。
460カ所が通常形式のガソリンスタンド、
610カ所は地方コミュニティレベルの
ガソリンスタンドです。

通常形式ガソリンスタンドではコンビニエンスストアの
Mini Big Cをメインパートナーとしていて、
さらにインタニン・コーヒーショップも
併設されています。

同社に加入するフランチャイズのパターンでは
55万バーツの初期費用と店舗建設費用が100万~
300万バーツ掛かるとしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事