1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. ホアヒン不動産市場に関して(1)【タイ:不動産】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

ホアヒン不動産市場に関して(1)【タイ:不動産】

ホアヒン(プラチュワップキーリーカン県の北部都市)には
複数の交通インフラがあります。

【道路インフラ】
2019年時点ではタイの南北を走る国道4号線が幹線道路と
なっていて、バンコクや地方都市からは同大型道路を
利用してホアヒンまで訪れるケースが一般的です。

【空港インフラ】
ホアヒン空港は主に富裕層向けプライベート空港として
利用されています。
Petchkasem Road地区にあり、タイ南部へ続く国鉄線に
隣接しています。
2018年より、エアアジア(ホアヒン~クアラルンプール)
運航が開始されました。
そのほか複数のLCCが就航開始していますが、
ホアヒン空港はチャーター機による利用がほとんどです。
小さな空港であり、ターミナルビルにボーディングブリッジは
なく、乗客は搭乗検査後には徒歩で駐機場まで向かう形です。

【鉄道インフラ】
2019年時点ではホアヒンへはタイ国有鉄道
(SRT:State Railway of Thailand)による
バンコク都~ホアヒン郡までの普通列車1往復
(昼行1本)が走っています。

富裕層向けには特別列車イースタン&オリエンタル・
エクスプレスが走っています。
同列車はオリエント急行でおなじみのベルモンド社が
運営しており、例年9月から翌年4月までバンコクを起点に
シンガポールまでを往復運行する豪華列車の旅を
提供しています。

タイ政府は将来的にバンコク~タイ南部まで高速鉄道インフラ
敷設事業を進めて行く予定です。
最終的にはマレーシアへ接続する計画です。
ホアヒン地区への高速道路・高速鉄道・空路によるシームレス
な交通を実現させるとしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事