1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. サイアム・マクロ子会社サイアムフードサービスはアジア・中東進出を目指す【タイ:食品】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

サイアム・マクロ子会社サイアムフードサービスはアジア・中東進出を目指す【タイ:食品】

タイ証券取引所上場サイアム・マクロ(MAKRO)の子会社である
サイアムフードサービス社は冷凍および冷蔵食品の輸入・
流通業者です。

同社は売上成長を維持するためにアジアおよび中東に
進出する予定です。
まずシンガポールの外食会社Indoguna社の買収プロセスを
完了した後、本格的に海外進出を進めるとしています。

Siam Food Services社は2016年10月に海外の食品会社
4社のそれぞれ80%株式を取得する契約を締結しました。

4社は、シンガポール取引所上場企業である
Indoguna Singapore PteおよびIndoguna Dubai LLC社、
香港証券取引所に上場するLordly Co Ltd、
Just Meat Co Ltdです。
4社を合わせた買収費用は1億1800万Sドルでした。

買収完了後、5市場(香港、シンガポール、ベトナム、
ドバイ、カンボジア)に焦点を当てた計画の下で
海外市場拡大を進めるために30億バーツの登録資本金で
Food Service APME Coを設立しました。

食品加工のサイアムフードサービスと海外拠点を持つ
Indoguna社の相乗効果によりアジアおよび中東で
グループ事業力強化を期待しています。

1984年に設立されたサイアムフードサービス社は、
高品質の肉、魚介類、鶏肉、ジャガイモ、乳製品、
ペストリー、エスニックフード製品などの輸入・
流通を手掛けています。

世界中から輸入された食材を高品質な温度管理、
流通管理にて飲食店、ホテル、スーパーマーケット、
フランチャイズ店、食品工場などのタイ外食産業へ
卸しています。
近年は日本国産ブランド牛肉も多く取り扱っています。

同社売上は2018年、2億700万USドルに達しました。
全体売上のうち30%は水産物から、20%は肉製品、
20%は乳製品、残り30%は他のカテゴリからとしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事