1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. 自動車販売・部品製造のMBMリソーシズ第2四半期業績【マレーシア:自動車】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

自動車販売・部品製造のMBMリソーシズ第2四半期業績【マレーシア:自動車】

自動車販売・部品製造のMBMリソーシズ(MBMR:5983)では
2019年第2四半期(4~6月)の業績を発表しています。
株式売却益などで大幅な最終増益となったため株価が
上昇しました。
持ち株分2480万リンギ(22%分)を放出しました。

2019年第2四半期の売上は前年同四半期4億8348万リンギ
から15.5%増の5億5805万リンギに増加しました。
純利益は前年同四半期3455万リンギから倍増して
7404万リンギとなりました。

同社の2019年上半期業績は売上前年9億3541万リンギから
15.1%増加し、10億8000万リンギとなりました。
純利益は前年6736万リンギから83.6%増加し、
1億2369万リンギとなりました。

同社では今後の見通しについて、2019年下期の世界市場と
経済環境は厳しいと認識しています。

MBMリソーシズはマレーシアの自動車部品製造・販売を
手掛け、ダイハツ、日野、Perodua、VOLVO、
フォルクスワーゲンなどの主要国際車両ブランド販売代理店・
ディーラーを展開しています。

商用車市場では軽トラックから中型、大型トラックおよび
バスまで、乗用車では小型乗用車から高級車まで様々な
車両部品製造を手掛けています。

自動車部品の製造では、ホイール
(スチールホイールと合金ホイール)、
安全拘束製品(エアバッグ、シートベルト、
ステアリングホイール)、NVH(ノイズ、振動、ハーシュネス)
製品など、様々な部品を供給しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事