1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. 日本政府とのタイ高速鉄道開発は断念する方向【タイ:インフラ】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

日本政府とのタイ高速鉄道開発は断念する方向【タイ:インフラ】

タイ政府は日本政府と検討してきたバンコク~チェンマイを
結ぶ高速鉄道計画を断念する方向であると報道されています。

バンコク~チェンマイ間、バンコク~スラタニー間、
ラヨーン~トラート間の3路線プロジェクトでは日本の
新幹線技術を導入し、全長約670㎞の高速鉄道を
建設運営する計画を検討してきましたが、日本側が
実施した事業化調査で採算性が極めて低いことが
判明しました。

9月下旬タイ運輸省が閣議に提出した交通インフラ
マスタープランにはこれらの高速鉄道計画は含まれておらず、
事実上の廃案になったとみられています。

バンコクからチェンマイまで670㎞に及ぶプロジェクトの
費用は約4,000億バーツと見積もられていました。
このプロジェクトは2つのフェーズに分かれており、
最初の380km、バンコクからピサヌロークまでのフェーズは
約2,760億バーツの費用がかかるとされていました。

タイ政府は、日本側がタイ公的債務を減らす共同投資を
望んでいましたが、日本政府側は投資する価値がないため
プロジェクトに距離を置いたとしています。

経済的内部収益率(EIRR)は14%と推定されていましたが、
財務的内部収益率(FIRR)は非常に低いとされています。

これは国際協力機構JICAによる実行可能性調査の結果に
基づいています。
当初の推定では1日あたり30,000人の利用者と
されていましたが、調査により1日あたり約10,000人の
見込みであると示されました。
運賃から利益を得るためには、利用者数は1日あたり
約50,000人が必要とされる結果となりました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事