タイ PTTアロマティクス(PTTAR) PTTケミカル(PTTCH)

タイ国営石油(PTT)の2つの子会社の合併計画が実現に向かいそうです。
PTTARとPTTCHの両社が合併することで、年間4000~4800万USドルの
コスト削減が可能であるとしています。
PTTの代表のPrasert Bunsumpun氏は両社が合併するメリットを強調しました。

また合併は調達コスト削減、同事業の統合化、スケールメリットを活かせると
しています。
企業価値でもタイ国営石油(PTT)で145億USドルまで伸ばすとして マレーシア
ペトロナスの子会社・ペトロナスガスの企業価値153億USドルに肉薄すると
しています。

合併会社の生産能力は石油化学製品が年820万トン、2011年の2月の株式時価総額は
3400億バーツ以上(1兆円規模)に達しています。
タイ証券取引所(SET)上場企業中4位の規模になります。
1位 タイ国営石油(PTT)
2位 PTT石油開発(PTTEP)
3位 サイアムセメント(SCC)
4位 PTTCH + PTTAR

2010年の売上高は
PTTアロマティクス(PTTAR)が2764億バーツ、
PTTケミカル(PTTCH)が1031億バーツとなっています。