この1週間の下落率

インドネシア証券取引所(IDX)でじゃ今週1週間でマイナス10.7%急落して
おり、週間ベースでは東南アジアの各6市場で最も値下がりしました。

フィリピン証券取引所(PSE)マニラ市場がマイナス9.4%安、
タイ証券取引所(SET)市場がマイナス7.3%安、
マレーシア証券取引所(BRUSA)市場がマイナス4.5%安、
シンガポール証券取引所(SGX)市場がマイナス3.2%安となっています。

しかしながら各国とも中間層の増大で自国内の内需は非常に好調でこの影響から、
強いファンダメンタルズにより買い戻されている銘柄も出てきています。
東南アジア域内の各市場の大半は売られ過ぎの領域にあり、14日間RSIは
売られ過ぎ水準の30を下回っているとされています。