タイ 金融機関の再開

タイの洪水の影響のニュースがあまり出無くなりましたが洪水被害は
続いています。
ただしバンコクはすでに守られた感もあります。

タイの中堅規模の銀行・金融機関
スタンダードチャータードStandard Chartered Bank (Thai)
キアナキン銀行Kiatnakin Bank
LHバンク銀行 LH Bank ではタイ中央銀行へ全ての支店が再開したことを報告
しています。

12月2日時点で11の商業銀行、174支店が閉鎖されています。
11月8日時点で631の金融機関の支店が閉鎖されていたところから比較し4分の1
まで減少しました。

12月2日時点でパトムタニ県で78の支店、バンコク都内で33支店、ノンタブリー県で
29支店、ナコンパトム県で16支店、アユタヤ県で9支店、サムットサコン県で6支店、
ナコンサワン県で3支店となっています。

2011年12月2日時点でタイ全土には41,666台のATM機が展開していますがそのうち
故障しているのは2815台となっています。