タイ カシコーン銀行(KBANK)

タイの金融機関カシコーン銀行傘下のカシコーンリサーチセンター
Kasikorn Research Centreとタイの証券会社ティスコ証券(TISCO)の
リサーチ部門Tisco Research では2012年度のタイ経済の見通しと
プロジェクトを発表しています。

タイ国家経済社会開発局National Economic and Social Development
Boardが出した提案と計画を基に分析しています。
2012年度のGDP成長率は+5.5-6.5%になるとしています。

当初の予測では+3.5-4.8%の上昇になるとしていましたが今回の改定で
+4.5-6.0%になるとしています。
ティスコリサーチでは2011年度の成長率が0.1%と低率であったために
2012年度は大きく伸びる可能性が高いとしています。

輸出額も+7.0%から+9.6%まで引き上げられました。
2012年1月も2011年度12月期よりもから+39%と大幅増になっています。

サイアム商業銀行のリサーチ部門では国内GDP成長率は4.5~4.7%台としています。
高い国内消費の勢い、民間投資と国家プロジェクトで伸びが加速されるとしています。
2012年後半には洪水から完全回復するだろうとしています。

また洪水防止、災害防止の対策へ使われる費用はGDPの1%以上になると見られています。
洪水対策の建設プロジェクトに関しては短期的にタイ国内の経済活性化となり、
長期的に今後の災害対策、海外企業の投資刺激への有効な手段になるとしています。