タイ マッカサン駅

スワンナプーム国際空港とマッカサン駅をつなぐエアポートリンクが誕生して
2ヶ月が経過しています。
このターミナル駅となるマッカサン駅ですが、まだほとんど開発が進んでいません。

この周辺はタイ国鉄の所有地でラマ9世通りとペッブリー通りに囲まれています。
不動産ではCIRCLE(サークル)やアジアンプロパティ(AP)TCCキャピタランド
(未上場)がコンドミニアムを開発しています。

周辺地区の広さは500ライ以上あり、2011年度から開発を始めるとしていいて、
マッカサン・コンプレックスと言う複合施設を建設します。
オフィス、ショッピングセンター、コンベンションセンターなどを入居させます。

またエアポートリンクの乗客数も1日4万人を越えてきました。
乗降客は始発駅パヤタイ駅とスワンナプーム国際空港駅、また郊外に近いラッカバン駅
での乗り降りが多く、マッカサン駅の利用はまだ少ないと発表されています。