インドネシア ライオン・エアー(未上場)

インドネシア最大級のライオンエアーではインドネシア極東部地区のマナド、
北スラウェシなどでハブ・ルートなどを建設予定としています。

同社では2013年度9月以降、広東Canton 広州[Guangzhou]への展開を進めていて
代表取締役のRusdi Kirana 氏はデビットカードなどを使えるようにして同グループの
ホテルや商業施設利用も可能にしていくとしています。
広東進出後は上海Shanghai, 北京Beijing, ソウルSeoul、東京Tokyoを目指すとしています。
ライオン航空はフルサービス・エアライン事業の拡張として子会社バティックエアー
Batik Airを設立しています。
特に国内線はインドネシア東部地方への航路開設を進めています。

ライオンエアーはインドネシア国営最大手ガルーダ・インドネシア航空との競争となっていて今後さらなるサービス拡充を目指すとしています。