フィリピン国内のコンビニエンスストア市場と各財閥大手の規模

フィリピン国内のコンビニエンスストア市場は「セブンイレブン」を
展開する最大手、フィリピン・セブン・コープ(SEVN)が最大手で、
1287店舗を展開させています。
2015年度はおよそ350店舗を新規に出店する計画です。
Philippine Seven:フィリピン・セブン(SEVN)は
小売・セブンイレブン・コンビニ大手で、売上 161億6000万ペソ、
純利益6億8200万ペソになっています。

同業界2位のミニストップはおよそ428店舗で、
フィリピンの大手小売チェーンを展開するゴコンウェイ・ファミリー
傘下のロビンソンズ・リテイル・グループとの共同事業です。
Robinsons Retail Holdings:ロビンソン・リテール(RRHI)社は
小売・スーパー・デパート・薬局を展開していて、
2013年度の通年の業績は売上で672億5400万ペソ、
純利益で27億4500万ペソでした。

また、後発としては2012年度から開始していて、マニラ首都圏に第1号店
「ファミリーマート」を展開するアヤラ・ランド:Ayala Land(ALI)社は
不動産開発大手。
2013年度の通年の業績は売上が807億5900万ペソ、
純利益 117億4100万ペソになっています。

2014年度からローソン・グループと提携したのは
ピュアゴールド・プライスクラブで、合弁でPGローソン・カンパニー社を
設立しました。
Puregold Price Club:ピュアゴールド・プライスクラブ(PGOLD)は
小売・スーパー大手で2013年度の通年の業績は売上 731億7700万ペソ、
純利益 39億5900万ペソでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。