シンガポールの不動産、UOLグループが合弁投資会社で新規の開発を進める

UOL, Kheng Leong両社はアレクサンドラコンドミニアム第1フェーズの
販売250戸数の販売開始と発表しています。
シンガポール証券取引所(SGX)の大手不動産開発、UOLグループ
UOL Group(UOL)とケンリョンKheng Leong社は663戸数の各フェーズの
発表をしています。

1フィート1600Sドルのコンドミニアムは1ベッドルームで77万Sドルからの
スタートで、2ベッドルームは118万Sドルの販売価格、3ベッドルームは
170万Sドルになっています。
同社の販売物件の70%は投資家向けで1ベッド、2ベッドを中心に484~807
スクウェアフィートの広さになります。

UOL社とKheng Leong社は両社で投資ビークルの企業を設立。
2014年度に99年リースホールドの4億6300万Sドルの案件を得ています。

UOLグループはシンガポール大手不動産開発企業で
不動産開発、不動産投資、ホテルマネジメントなど、
大型案件を手掛ける不動産企業です。
旧社名はUnited Overseas Land Limitedになります。
2014年度の業績は売上で13億6100万Sドル、
純利益では6億8600万Sドルでした。