インドネシアの建材・ホームセンター企業、カトゥ・セントーサ・アディプラナ社、企業解説

インドネシアの建材・ホームセンター企業、カトゥ・セントーサ・
アディプラナCatur Sentosa Adiprana(CSAP)社は、”Mitra 10″
などのホームセンターを展開しています。
2016年内に3店舗を新規開業予定で、うち2店舗はすでに開業しました。

ランプ―地区に開業した店舗は同社の23店舗目となり、
300億ルピアを投じて4.7ヘクタールの土地で開発しました。
Mitra10アウトレットは積極的に展開をしてきて、次の店舗は
BSD(Bumi Serpong Damai)で開業予定です。
2020年度までの目標は小売事業からの収益を増加させることで
さらに今後50店舗を開業したいとしています。

同社の2016年度上半期売上は3.97兆ルピアでした。
2016年度内では8.5兆ルピアを目指します。

カトゥ・セントーサ・アディプラナ(CSAP)はインドネシア証券取引所の
小売りセクターに上場しており、建材・資材販売小売りチェーン
“Mitra 10″を展開しています。
主に消費者向けに建材、ホームプロダクツ、家電、塗料、水回り品、
セラミックタイル、木材家具、化学品、消費財、食品、などを販売します。
小売ブランド”Mitra 10″と”Mitra 10 Express”の2タイプの販売店舗を
拡大しています。
2015年度業績は売上7兆2845億ルピア、純利益406億ルピアでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。