タイ工業連盟、2016年自動車生産台数は前年比+1.6%増の194万4417台と発表

タイ工業連盟では2016年の自動車生産台数は、前年比1.6%増の
194万4417台だったと発表しました。
前年より微増となったものの、年初目標としていた195万台には
届きませんでした。
同工業連盟では2017年の目標は前年比2.9%増の200万台突破を
目指しています。

2016年の生産台数の内訳は、乗用車は前年比5.6%増の
81万1,805台、1トンピックアップ車が1.2%減の110万台。
2016年12月の輸出は前年同月比0.6%減の8万6120台で、
中東、アフリカ、中米、南米の貿易相手国の経済減速が
主な原因としています。

タイの2016年自動車産業は当初回復を期待されていましたが、
予想よりも世界経済回復が遅く、タイ国内内需回復も弱いまま
であったこともあり、自動車製造業の景気回復は2017年以降に
なるとされています。
また、2016年10月の国王崩御の影響もあって、高級車、
中級価格帯の車も当分は買い控え傾向が続くものとみられています。

タイ国内の自動車生産台数の推移は以下のようになっています。
2013年 245万台 0.1%増
2014年 188万台 23.5%減
2015年 191万台 1.8%増
2016年 194万台 1.6%増 

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。