シンガポールにおける自動運転試験走行の取り組み

シンガポールでは自動運転試験走行への取り組みが始まっています。
シンガポール政府は最終的に公共交通機関や他の様々な用途の交通に
自動運転技術を展開したい考えです。

シンガポール政府はスマート国家の一つの柱として自動自律走行車の
配備を決定しました。
自動運転技術が普及することで産業構造の変化が大きく進むと
されています。

2011年のマサチューセッツ工科大学調査によると、
自動化システムが導入されることでカーシェアリングが進み、
シンガポール国内の乗用車数を3分の2まで減らすことが可能に
なります。

2017年4月には防衛・航空機整備大手、STエンジニアリング
Singapore Technologies Engineering Ltd(STE:Singapore)の
陸上輸送機器部門であるSTキネティクスと、シンガポール陸上交通庁が
自動運転バスの開発・実証実験で提携したと発表しました。

2017年1月にはシンガポール南洋工科大学(NTU)、仏自動車メーカーの
ナブヤ社と自動運転技術に関して2年間の協力関係を結ぶ覚書に
署名しています。

また、2016年には米国・シンガポールのスタートアップ、nuTonomy社、
英国の会社デルファイオートモーティブが自動走行車試験を
実施しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。