タイ スリトランアグロ(STA)

タイ南部プラチュアップキリカン県は天然ゴム農園が多いエリアで
ゴム関連の工場、プランテーションも多い県になっています。
2013年9月、コメ農家のように天然ゴムも政府が高額で買い取ることを求めた
自営農家が集団で集まりデモと買取政策を要求。
道路封鎖まで至ったため警官隊と衝突しています。

同様にタイの南部ナコンシータマラート県では8月に農家が線路封鎖をおこない、
タイ国が運行する列車の180本が運休しました。

同国内の最大手スリトランアグロ(STA)では
天然ゴム価格の市場下落がタイの農家の収入を減らすだろうとみています。
2012年度の売上では1013億バーツ  純利益では13億7800万バーツでした。
2013年上半期は売上で479億バーツ、純利益で11億5800万バーツになっています。