フィリピン ペトロン(PCOR)企業解説

ペトロン社はフィリピンで最大の石油製油販売企業でフィリピン国内石油事業の
3分の1以上を運営しています。
1933年設立でLimayでは製油所(1日18万バレルの能力)を運営、32箇所のデポ・
石油貯蔵ターミナルを運営しています。
国内に1300のガソリンスタンドを展開しています。

Petron社はフィリピン証券取引所(PSX)へ上場しています。
過去、フィリピン国営オイルPhilippine National Oil(PNOC)40%、
サウジアラムコAramco Overseas Co. B.V40%、残り20%の株主構成でしたが、
2008年、Saudi AramcoがAshmore Groupへ40%株式を売却。
Ashmore Groupは残り10.1%を投資家から購入、過半数をAshmore Groupが
所有しました。

2009年、食品飲料最大手サンミゲル・コーポレーションSan Miguel Corp(SMC)が
Ashmoreから50%以上購入する契約を締結しました。

2013年度の通年の業績は売上で4636億ペソ 純利益で52億4700万ペソでした。