マレーシア証券取引所(BURSA)

タイ証券取引所のIPOではここ最近数倍になるケースが目立っていますが
対照的にマレーシア証券取引所(BURSA)では大型上場が相次いだものの
他国に比較して大きな上昇が無く冴えない状況になっています。

大型上場企業では
農園事業大手 Felda Global Venture (6月上場)
医療大手    IHH Health care     (7月上場)
衛星放送大手 Astro Malaysia Holdings (10月上場)  などです。

FGVHは、アブラヤシ農園を経営する連邦土地開発庁(FELDA)の農産業部門
子会社で、パーム原油(CPO)生産で世界一、精油生産ではマレーシア国内2位。
アブラヤシ農園面積は35万ヘクタールで、2011年のアブラヤシ果房の収穫高は
520万トンに上ります。

IHHヘルスケアはマレーシアの政府系投資会社カザナ・ナショナルが出資する
病院運営会社でマレーシア、シンガポール、トルコなど8カ国に30カ所の病院を
展開しています。

アストロ・マレーシア・ホールディングスは有料衛星放送事業を展開。

2012年度のアジア証券取引所での大型上場は
4件中3件がマレーシア証券取引所(BURSA)での上場となっています。