カザフスタンではタイ国籍を持つ人間に対してビザの免除を検討

カザフスタンではタイ国籍を持つ人間に対してビザの免除を検討しています。
今後よりタイ観光旅行者に向けて訪問者数を増加させたい狙いであるとしています。
カザフスタン駐タイ大使Marat Yessenbayev氏はビザ免除によって2016年度以降
可能になる予定であるとし、タイ外務省と交渉中であるとしています。
両国間では年間1,000名ほどのタイ人が訪れ、カ旅行者ザフスタン側からは7,000名
以下のが来ているとしています。

カザフスタンではタイ国籍を持つ人間に対してビザの免除を検討しています。
今後よりタイ観光旅行者に向けて訪問者数を増加させたい狙いであるとしています。
カザフスタン駐タイ大使Marat Yessenbayev氏はビザ免除によって2016年度以降
可能になる予定であるとし、タイ外務省と交渉中であるとしています。

両国間では年間1,000名ほどのタイ人が訪れ、カ旅行者ザフスタン側からは7,000名
以下のが来ているとしています。
現行の制度ではカザフスタンへの外務省招聘状は100ドルを要するとしていて、
その他40ドルの旅行ビザ、80ドルのビジネスビザが必要であるとしています。

カザフスタンは中央アジアとヨーロッパにまたがる共和制国家。
首都はアスタナで最大都市はアルマトイになります。
公用語はカザフ語、ロシア語で面積 271万km2で世界9位となっています。
人口総計(2013年) 1696万人   GDP合計(2013年)2319億USドル

2012年度世界銀行の調査では480万人が同国を訪れています。
日本、香港、マレーシアなどですがこれらの国はビザの免除が実施されています。