マレーシアのKLセントラル駅~KL国際空港を結ぶ高速鉄道を運営するエキスプレスレールリンク

マレーシアの首都クアラルンプールにある、KLセントラル駅~KL国際空港(KLIA)
を結ぶ高速鉄道を運営するエキスプレスレールリンクExpress Rail Link Sdn 
Bhd(ERL未上場)社は2015年度の乗者数1,100万人、前年比+20%を目指します。

CEOのNoormah Mohd Noor氏は2014年度は900万人、13年640万人で前年比+43%増で
KL国際空港の第2空港KL International Airport 2が開業し、エアアジアなどのLCCも
多数参入した結果利用客数の増加につながったとしています。

海外旅行者向けにKLトラベルパスを発行しKLモノレール、ラピッドKL、LRT、バスなど
ほとんどの公共機関へのチケットとしてクアラルンプール市内で利用出来るとしています。

Express Rail Link社は今後、資金調達も含めマレーシア証券取引所(BURSA)上場も
検討しています。
将来的にマレーシアとシンガポールをつなぐ新幹線、高速鉄道構想が浮上していて、
高速鉄道の運営や入札案件には積極的に参入していきたいとしています。