タイのBTSスカイトレイン全ての駅にエレベーターを設置計画

14年現在、BTSスカイトレインは2本の路線が走っていますが、23駅に1年以内に
エレベーターをいつでも利用出来るように設置すると発表しています。
最高裁判所の判決によって出された判決により、100名以上の高齢者と障害者は
喜びを表明しています。
中央行政裁判所では6年前にスカイトレインの営業管理会社はエレベーター設置に
関して怠慢では無いと判断しました。

14年現在、BTSスカイトレインは2本の路線が走っていますが、23駅に1年以内に
エレベーターをいつでも利用出来るように設置すると発表しています。
最高裁判所の判決によって出された判決により、100名以上の高齢者と障害者は
喜びを表明しています。

中央行政裁判所では6年前にスカイトレインの営業管理会社はエレベーター設置に
関して怠慢では無いと判断しました。
そのような法令が無いことを根拠にしていました。
障害者団体や協会はバンコク都庁の方針へ向けてロビー活動や反発を示し、同問題
を解決するよう提言していました。

現在既存のBTS路線で23駅を展開していますが、新駅に関しては1駅に対して4つの
エレベーターを設けることになります。
この方針の根拠はRehabilitation of Physically-Disabled People Act BE
2534になるとし、BTS側には車椅子利用者に親切な設計になるようスペースの確保
やルート設計で建設するべきであるとしています。