マレーシアの上場企業プレニチュードは同業のノマド・グループ買収提案

マレーシア証券取引所(BURSA)の上場企業プレニチュード
Plenitude Bhd(PLEN)では同業のノマド・グループ
Nomad Group(TNGB)社の買収提案を発表しています。
プレニチュード社はマレーシア国内で不動産開発を手掛ける企業で、
不動産、ホテル、その他の事業を展開しています。
コンドミニアム、3階層セミ一戸建てなどを開発販売しています。
2014年度の業績は売上で3億0990万リンギで、
純利益8760万リンギでした。
増収増益となっています。

PLEN社はノマド社株式1株RM1.25リンギで、合計RM2億7884万リンギ
の買収計画で、PLEN社新規株式1株2.5リンギの発行後を通じて
購入する計画です。

ノマド社(TNGB)はサービスアパート、ホテル、ホテル経営などを
マレーシアと海外で展開しています。
同社の2014年度の業績は売上で8080万リンギ、
純利益では1190万リンギでした。
ノマド・グループのホテル部門では、Novotel Kuala Lumpur City
Centre, The Nomad SuCasa, GLOW Penang
The Nomad Services Residences Bangsarなどを展開しています。

PLEN社では主にペナンでのホテル展開をしていて今回ノマド社の
都心ホテル事業への関心を高めたとしています。