タイの水産加工最大手、タイユニオンフローズンがインドで会社建設を計画

タイ·ユニオンフローズンThai Union Frozen Products(TUF)
では、インドにある合弁会社アヴァンティフィード
Avanti Feeds社:25.1%出資を通じてインドで新会社の建設を
計画しています。

アヴァンティフィード社はインドのインド・ナショナル証券取引所
(NSE)に上場する企業でエビ生産、エビ輸出、水産物生産の大手です。
水産加工物のブランドでは”Prawn King”で展開。
一部風力発電所3.2MW規模の4つの発電所を経営しています。
1993年創業で2014年度の業績は売上で113億ルピー
(1億7700万USドル)、純利益では7億400万ルピー(1100万USドル)
でした。
http://www.avantifeeds.com/

TUF社としてインド市場の拡大を進めるための新規投資としています。
新エビ工場は15000トン/年の生産能力で、既存工場8000トン/年の
Avanti Feeds社の工場生産能力から大幅に拡大します。
投資額1000~2000万USドル規模としています。

タイでのエビ関連輸出は15年度予測は25万~27万トンとしていて、
14年度の記録的な低迷から抜け出すとしています。
EMS早期死亡症候群がタイで広がり、過去65万トン生産できていた量は
大幅に下落しました。

TUF社は総売上のエビ生産品比率を14年度30%から50%まで
引き上げる計画です。
新しい市場・マーケットを目指しアメリカ、ヨーロッパへの
依存率を下げ、5%から30%まで引き上げるとしています。