マレーシア エア・アジア(AIRA)

LCC航空分野におけるアジアのリーダーであるマレーシアのエア・アジア(AIRA)
ではエアバスA320を100機注文しています。購入総額は93億ドルになり、
購入機体数において、世界最大のエアバス購入企業となっています。

エアアジアでは経費/コストを削減するため同じ機体を大量に購入し
エンジニアもその機体のみを管理チェックするため負担が軽くなり、
修理も早くなるとしています。
購入契約には今後のエアバスA320 Neo 、64機も含まれていて、
今後、エア・アジアの保有機台数を500機まで拡大することを発表しています。

現在90機を保有し、世界の20カ国、
70ルートを運行するエア・アジアは、A320を合わせて475機注文しており、
世界でも最大のエアバス購入者となっています。

2011年度の業績で売上は44億9510万リンギ、純利益では5億5530万リンギでした。