フィリピンの資産規模第2位メトロポリタン銀行と岩手銀行が提携を発表

フィリピンの資産規模第2位メトロポリタン銀行(MBT)
Metropolitan Bank&Trustメトロポリタンバンク&トラストと、
岩手銀行が業務提携を結んだとを発表しています。

メトロポリタンバンクはメトロバンクの愛称でフィリピンにおいて
知名度の高い金融機関です。
同行の2013年度の総資産は1兆3785億P、純利益では224億Pと
なっています。

同行はマニラ首都圏マカティ市の本店に日系企業を専門的に支援する
ジャパンデスクを置いています。
フィリピン国内で商業銀行、投資銀行、リース、保険、証券、不動産、
カード、旅行等の事業を展開する総合金融グループ
「メトロバンクグループ」の中核銀行です。

1962年に現在のメトロバンクグループ会長で最大の株主である
G.S.K.Ty氏が経済界要人とともにマニラ市ビノンド地区にて営業を開始。
2016年時点の本店はフィリピンの金融中心地であるマカティ市にあります。
海外では、アメリカ、カナダ、英国、日本、韓国、シンガポール、
中国、香港、台湾の主要都市に支店または現地法人を展開しています。