インドネシアのシナルマス・アグロリソーシズ&テクノロジー社、国内でトレーサビリティ

インドネシア証券取引所(IDX)のシナルマス・アグロリソーシズ&
テクノロジー(SMART)の親会社であるゴールデン・アグリ・リソーシズ
Golden Agri-Resources(GAR:E5H)社はアグリビジネス企業です。
ヤシの栽培、収穫、加工からパームオイルの流通販売までを手掛けます。
パーム原油を精製加工した料理油、マーガリン、ショートニングも
販売します。

ゴールデンアグロ社とシナルマス・アグロリソーシズ(SMART)社は
2017年末までにインドネシア国内の流通トレーサビリティ報告が
出来る体制を整えるとしています。

GAR社はインドネシア国内に489社のサプライヤーを持ち、
44社のみ出資関係があります。
自社出資企業に対しては2017年度まで、取引先・サプライヤーには
2020年度までに完了させる計画です。
自社と関連する企業のサプライチェーンの透明性を促進するために
持続可能な実践目標を目指します。

シナルマス・アグロリソーシズ&テクノロジー(SMART)社の
2015年度業績は売上36兆2301億ルピア、純利益-3861億ルピアでした。

ゴールデンアグリ・リソーシズ(GAR)社の
2015年度業績は売上65億1000万USドル、純利益-1700万USドルでした。

Golden Agri-Resources Ltd (GAR)社は世界で2番目の巨大パーム
農園企業で、483,100ヘクタールの土地を保有します(16年6月時点)。
同社は1996年に設立され1999年にシンガポール証券取引所(SGX)に
上場しました。
大株主はFlambo International Ltdでシナルマス・グループに
なります。

多数の子会社をインドネシアに展開し、その中の一つはPT SMART Tbk社
で、1992年にインドネシア証券取引所(IDX)に上場しています。