タイの物流事業、JWDインフォロジスティクス社は事業多角化を進める

物流事業を展開するJWDインフォロジスティクスJWD InfoLogistics
(JWD)社は事業の多角化を進めると発表しています。
同社は2015年9月にIPOを実施し、Transportation & Logistics
セクターで上場しました。
2015年度売上は23億8470万バーツ、純利益は3億3300万バーツでした。

同社は2016年度目標額で+10%増を目指します。
既存の冷凍倉庫事業は、ヨーロッパでの海産物需要減少で成長率が横這い
と見ています。
一般物流、危険物輸送、自動車産業輸送などの4つの事業の柱から、
さらに4つを増やす予定で多角化事業を進め、Eコマース、航空物流、
海上物流、鉄道輸送などの事業を拡大します。

2017年度には不動産投資信託、Real estate investment trust(REIT)
を上場予定です。
海外展開ではマレーシアの冷凍倉庫サービス企業買収などを交渉中です。
JWDインフォロジスティクス社は1979年設立で資本金は5億1000万バーツ。
カンボジア、ミャンマー、ラオスなどへも進出を進めています。