タイ大手携帯電話キャリアのアドバンスド・インフォサービスはFSMART社と提携発表

タイの大手携帯電話キャリアのアドバンスド・インフォサービス
(ADVANC)では、AIS社のプリペイドカードブランド、
“One-2-コール”のリフィルサービスに関して2016年11月時点で
販売仲介であったセブンイレブン社との合意がまだまとまって
いません。

AIS社はFSMARTで有名なプリペイド販売キオスクの
Forth Smart Service(FSMART)社との提携を発表しています。
合同プロモーションキャンペーンはまとまっていませんが、
CPALL社の販売不足を補うものとしています。

セブンイレブン側では11月末をもってAIS社の取り扱いを中止すると
していて、One-2-Callブランドのカードが不足する事態に
なっています。

Forth Smart Service(FSMART)社の扱うBoontermキオスクは
セブンイレブン店舗前に多く設置されています。
AIS加入者数は2016年6月末時点で3940万人で、そのうち85%が
プリペイドカードを利用しています。
コンビニエンスストア販売先が落ち込むことで同社では
AISカスタマーサービスセンター、テレワイズショップ、ファミリーマート、
郵便局、B2Sブックストアなどで販売強化する予定です。

フォーススマートサービス(FSMART)社はタイ証券取引所(SET)の
2部上場企業で、簡易キオスク設置、カード販売などを手掛けています。
2016年1月~9月期の業績では売上16億8900万バーツ、
純利益2億8700万バーツでした。