タイの映画館大手、メジャー・シネプレックスは投票オンデマンドサービスを開始【タイ:映画サービス】

タイの映画館大手、メジャー・シネプレックス(MAOJR)は、
消費者のライフスタイルニーズに合った映画ジャンルと
ショータイムを選択できるオンデマンド映画サービスを
提供すると発表しました。

同社マーケティング・ダイレクターNarut Jiasanong氏は、
このサービスの特徴は、顧客が上映時間を投票・リクエスト
できることだとしています。
また、スケジュールが定期的な上映時間と合わない
映画ファンや、上映予定にない映画を見たいという
顧客ニーズを引き出すことができるとしています。

そして、同サービスは長期的に見て映画館ファンの数を
増やし、結果として売上増加にも役立つとしています。

オンデマンド映画上映サービスは2018年6月より
Paragon Cineplex、Quartier Cineart、Mega Cineplex、
Esplanade Cineplex、Ratchadaphisekなどで開始されます。

「過去の受賞映画、おすすめ映画、ハリウッド、タイ映画、
その他アジア映画」の5つのカテゴリーが準備されており、
顧客投票で100名を越えればオンデマンド映画サービスを
利用することが可能です。

メジャー・シネプレックス(MAJOR)は2018年6月時点で
アセアン域内に141店舗733スクリーンを運営しています。
タイ国内135店舗705スクリーン、カンボジア4店舗、
ラオス2店舗です。
2017年業績は売上99億3700万バーツ、
純利益11億9300万バーツでした。