タイの化粧品製造販売、ビューティ・コミュニティは自社株買い実施【タイ:美容小売】

タイの化粧品製造・販売企業、ビューティ・コミュニティ
(BEAUTY)では、最高経営責任者のSuwin Kraibhubes氏が
株式買戻しを発表した後に株価が反発しました。
タイ証券取引所では前日まで1株8バーツ前後で取引されていて、
発表後は+11.1%高まで上昇しました。

上場企業の株式買戻しは、公開市場で入手可能な数を減らすために
発行済株式を購入する方法です。
この方式は同社取締役会の承認を得なければならず、
決議後に正式決定されます。

Suwin Kraibhubes氏は新規上場した際に、
ファミリーで所有していた持分を70%から21%まで
希釈していました。
同氏は2018年6月末時点で15.1%を保有していました。

Suwin Kraibhubes氏は、買戻しの適切な株数と価値を
取締役会が考慮しながら現金資産でおよそ10億バーツ相当の
株式を購入する計画であるとしています。
同氏の発表を受けてタイ証券取引所ではビューティ社の
株式取引を一時的に停止しました。

ビューティ・コミュニティ(BEAUTY)社は2018年7月に入ってから
製品に関して投資家の信頼を失い株価が-30%下落しました。

化粧品、Magic Skinが無免許であったことが報道され、
体重減少サプリのLynは死亡者が出たことへの関連性が
疑われています。

同社はダイエットサプリメントを第2の収益柱として
販売していましたが、業界内では無免許・規格外製品があふれ、
死亡者なども出ていることからタイ保険局では全ての化粧品や
サプリメントに向けて監査を強化すると発表しています。

ビューティ・コミュニティ(BEAUTY)社は2017年に売上総利益率67%、
純利益は前年比+33%を達成し、売上高は37億4,000万バーツ、
純利益は12億3,000万でした。