フィリピン大手投資会社、アボイティス・エクイティ・ベンチャーズはアセアン同業を買収【フィリピン:農水産物】

フィリピンの大手投資会社、アボイティス・エクイティ・
ベンチャーズ(AEV)は飼料事業ビジネス拡大のため、
シンガポールに本拠を置くゴールド・コイン・マネジメント
ホールディングスの株式75%を3億3400万USドルまたは
178億ペソで取得したことを発表しています。

同子会社でシンガポールを拠点とするピルミコ・
インターナショナル社を通じて獲得するとしています。
ゴールド・コインの株式をゴールド・スプリングス・
グループから買収するための選定プロセスで
優先交渉権獲得者に選ばれたと発表しています。

アボイティス(AEV)社は外国銀行の資金調達を通じた
資金調達を計画しています。
アセアン域内はおよそ6億を超える市場規模であり、
顧客基盤を拡大する多くの機会をもたらすと期待しています。

今回のゴールド・コイン・マネジメントホールディングス買収に
より、300万トンの飼料生産量が追加され、同社の飼料生産能力は
4倍になります。

ピルミコ社の他のアジア傘下企業には、水産飼料メーカー(VHF)
ビンホアン・フィーズの株式85%も含まれています。
2017年9月にベトナムの動物飼料メーカーであるヨーロッパ栄養事業
会社、Europe Nutrition JSC(Eurofeed)の株式70%を買収しました。

ゴールド・コインは動物飼料の生産大手で、アジア諸国11カ国に
20ヵ所の家畜飼料工場と水産飼料工場を運営しています。

アボイティス・エクイティ・ベンチャーズ(AEV)は複合企業であり、
子会社を通じ、発電・配電、銀行・金融サービス、食品製造、
土地・インフラ・建設・造船などを幅広く手掛けています。
2017年業績は売上1461億ペソ、純利益216億ペソでした。