タイの工場ライセンス取得更新義務が改訂【タイ:不動産・工業団地】

タイ工業省ではタイの工場法を改正し、工場操業許可更新手続きの
制度を廃止して、5年ごとの取得義務を無くすと発表しています。
今後の工場取得ライセンスは操業許可を無期限とするとしています。
工場操業許可ライセンス取得に関わる汚職防止、企業負担軽減が
目的としています。

タイ王国工場法1992年の工場法の第15条では、
5年ごとに工場操業許可ライセンスが必要でした。
腐敗防止、汚職防止、投資家や工場所有者の規制負担を緩和する
ために、ライセンス更新要件を廃止するとしています。

同制度はこれまでに工業省職員の賄賂授受が問題視されており、
改正後は複雑な更新手続きや更新手数料も必要が無くなると
しています。

タイでは工場操業許可に関してカテゴリー1、2、3と
分かれていて、ほとんどの日系企業の規模
(50馬力以上、50名以上の従業員)ではカテゴリー3が必要と
なっています。

タイにはカテゴリー3の工場が120,000箇所以上操業しています。
その半数は工業団地内に存在しているため、工場操業許可証
Ror Ngor4は必要としません。

・タイの大規模工業団地開発企業
アマタ・コーポレーション(AMATA)
WHAコーポレーション(WHA)
ロジャナ・インダストリアル(ROJANA)
ナワナコン・インダストリアル(NNCL)