タイの携帯市場

タイの携帯マーケットではトップシェアはノキア社。
しかしながらサムスン社が猛烈な追い上げを見せる展開です。
またスマートフォン市場ではハイエンドの富裕層、中間層からBlackBerryや
iPhoneが売れています。
スマートフォンの市場は携帯市場全体の18%から2011年度は33%まで上昇すると
ノキア(タイランド)の.Shumit Kapoor氏はコメントしています。

ただし、ノキアは他社が低価格を売りにしていく中で15000バーツ~それ以上の
高い価格設定で販売していくとしています。
新規に投入したN8は好調で在庫切れを起こしています。
また別機種E7では2011年前半から投入します。

また同じく韓国勢のLG社では6,000~7,000台の価格で2機種を投入します。
やや若い層をターゲットにします。

携帯販社のSamart I-Mobile(スマートアイモバイルSIM)の
Thananan Vilailuck氏は国際ブランドの提供する4,500~6,000バーツ台価格が
売れていて、10万台~20万台のスマートフォン、350万台を売っていくとしています。