タイ バンコクエアウェイズ(未上場)

ここ最近新興航空会社が次々とタイで誕生しています。

●タイの新航空会社のP.C.エアーでは、ニューハーフの客室乗務員を募集した
ニュースが報道されていました。
サイアム・パラゴンにて募集受付を開始し、多数のニューハーフが申し込みを
おこなったとしています。

●タイ格安航空会社:ビジネスエアーセンター、旅行会社と提携し
  成田 – バンコク間を最安値4,800円で売り出しへ

今回は未上場ながらタイで航空会社を展開するバンコクエアウェイズです。
Bangkok Airways (未上場)は、1968年に “Sahakol Air”サハコールエアー
として誕生しました。
チャーター機の運行をする会社として9席の小型飛行機の運航でその後レギュラー
運航をするようになりました。
その後タイの経済成長とともに運輸業界の成長も牽引され、バンコクエアウェイズ
として1986年に民間航空事業会社として出発しています。
当初は
Bangkok~Krabi
Bangkok~Korat
Bangkok~Surinで運航が開始されています。

2011年では海外へも運航しており、20の主要路線を展開しています。
ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム、マレーシア、シンガポール、中国、
日本となっています。