タイの政治

タイの国民のおよそ10万人規模が住宅ローン融資の検討をしているとしています。
タイの低所得者層向け住宅プロジェクト”Baan Ua-Athorn ”プロジェクトは
40万戸をタイ全土へ展開します。
もうじきインラック内閣で時期ウアアートンプロジェクトも閣議通過される
見通しです。

タイ政府側から1世帯あたりでおよそBt12万バーツ~16万バーツの補助金が出ます。
金額としてBt480億~640億バーツを予算枠として確保します。
タクシン政権下の1世帯あたり8万バーツよりも枠を増やしたのは高騰する不動産市場
へ対応しているとコメントしています。

ウアアートンプロジェクトは2005年に開始されThaksin Shinawatra首相から
開始されました。
当初のプロジェクトでは600,000世帯へ供給予定で予算は1000億バーツでした。
しかし民主党のアピシット政権に替わってからは28万5000世帯まで
減少していました。

現在未販売の戸数は5万戸数となっていて、2012年~2013年までに完売したいと
しています。
今後は証券化することでファンドを作り、およそ1000億バーツ規模の住宅ファンド
にしたいとしています。