タイ最大の広告会社マッチングスタジオ(MATCH)音楽コンテンツによるマーケティングを強化

マッチングスタジオ(タイの最大の広告会社)では、

音楽コンテンツなどを消費者へ届けるマーケティングでより魅力を高めるとしています。
音楽、クリエイティブビジネス部門では2010年より新プロジェクト”アインシュタイン”を開始すると
CEO Somchai Cheewasutthanon氏が発言しています。

「音楽が我々のクライアントを引きつけるための新しいマーケティングツールとして利用することができる」と、
していて、音楽とクライアントの商品タイアップなどを検討しています。歌手が有名になるならば、
マッチングスタジオはアーティスト側からも利益を得ます。

アインシュタインプロジェクトは各々のクライアントのためのサービスを
カスタマイズするのをフォローし、4つのプロジェクトを計画しています。
歌に合った製品・プロダクトにマッチさせることで記憶に残りやすくさせ、従来のコマーシャル以上の効果を高めるとしています。

マッチングスタジオはシンコーポレーションなどと関係が深く、
2009年1月~9月期の売上は4億3600万バーツで、純利益はマイナスで2019万バーツでした。

2009年度の総売上予測は08年の6億9500万バーツより下がるとみられています。

マッチングスタジオ(MATCH)のサービスは、
テレビコマーシャル制作(テレビCM番組製作、ITメディア管理、イベント開催、映画製作と印刷事業などをおこなっています。