タイ サイアムセメント(SCC)インドネシアにセメント生産工場建設

タイのサイアムセメント(SCC)では海外進出第2弾として、インドネシアへ
セメント生産工場建設を予定しています。
インドネシア国内での建設許可が下り次第工場建設を始め、3年以内に稼動すると
しています。

投資金額は2億~3億USドルとしていて資本構成は95%がSCCで、5%がインドネシア
現地企業になります。

すでにカンボジアでは第1弾として稼動していて日産5000トンのセメントを
生産しています。
インドネシアでは中間層の増大からの住宅需要、政府の進めるインフラ開発として
セメントの需要が増加すると見ていて、インドネシア国内ブランドより価格が
高くとも、クオリティの高いSCCの製品は売れるとの判断を示しています。

またタイ国内でもインフラ開発、大量輸送機関建設プロジェクトなどで
恩恵を受けると見ています。