インドネシア 携帯電話普及

インドネシアでは固定回線よりも携帯電話普及スピードが上回り、現在では
スマートフォンも普及し始めています。
またTwitterやフェイスブックなどもアジア加入者数1位を誇っています。

また携帯電話利用者が頻繁にキャリア会社を変えることが出来るために、必然的に
新電話番号の需要が高まっています。
携帯電話キャリアのオペレーターにとって周波数帯の取得と電話番号枠の2つが重要
となっていますが、周波数帯は行政認可によるもので、大規模かつ、時間がかかる
ものの、携帯電話番号増設は比較的容易でした。

ただし、今後携帯番号の不足が懸念されていて、再利用などの検討もあるとしています。
インドネシアの携帯電話利用者は諸外国に比べてキャリア変更される率が高いために
番号変更の頻度が高いとしています。

2010年度前半のインドネシア国内携帯電話キャリア11社の利用顧客数は
1位 テレコムニカシ Telkomsel   9100万回線
2位 インドサット  Indosat    3770万回線
3位 エクセルコムインド XL Axiata 3520万回線
4位 テレコム フレキシTelkom (Fleksi) 1620万回線
5位 バクリーテレコムBakrie Telecom (Esia) 1110万回線
6位 ナトリンドテレフォン Natrindo Telepon Seluler (Axis) 750万回線
7位 ハチソンCPテレコム Hutchison CP Telecom (Tri) 750万回線
8位 スマートテレコム Smart Telecom (Smart) 300万回線
9位 モバイル8テレコムMobile-8 Telecom (Fren) 250万回線
10位 サンポエルナテレコム Sampoerna Telecom (Ceria) na
11位 バタムビタンテレコム Batam Bintan Telecom (BBT) na