ASEANサミット

東南アジア諸国連合(ASEAN)では10月28日にハノイで開く首脳会議で正式承認する
域内のインフラ開発計画の全容が発表されています。
2015年のアセアン経済共同体創設を控え、高速道路、鉄道網インフラ整備などを
優先すべき事業と詳細な実施時期を明記しています。
http://www.aseansec.org/10367.htm

ASEAN+6の16カ国では東アジア経済統合を前提にして、陸側、海側アセアンを
整備事業に合意しています。
 「ASEAN LINKAGE NETWORK マスタープラン」は、中核事業として高速道路や
ガスパイプライン、シンガポールと中国・昆明を結ぶ高速鉄道、域内高速通信
ネットワークの整備を進めていきます。

高速道路事業では、2013年までにアセアン域内の共通道路標識を設置していき、
2015年までに中国南部、インド東部への延伸を実施するとしています。