タイのBEC社側ではタクシン氏がBECワールドを買収する噂を否定

BECワールドBEC World(BEC)社では、タクシン氏が同社買収計画を
しているという噂を否定しています。

同様の噂はオンライン、インターネット上で広まりました。
また、タクシン氏が設立した携帯電話キャリアAIS社の役員が
BECワールドへ移籍したことも噂に拍車を掛けました。

タクシン氏はインタッチ・グループを含むAIS社の株式のほとんどを
シンガポールの国策投資会社テマセクホールディングスへ
売却しています。
BECワールド社では今回の噂は根拠のない話であると否定し、
また同社の株主構成に変更は無いとしています。

BECワールドはチャンネル3を経営する大手番組チャンネルの
大手企業でゴールデンタイムなどでも非常に高い視聴率を
誇ってきましたが、昨今はデジタル放送も始まる中で競争に
晒されています。

2016年度業績は売上125億3400万バーツ、
純利益12億1800万バーツでした。
2017年度第1四半期は売上30億300万バーツ、
純利益2億4900万バーツでした。

タクシン氏は2008年、タイ最高裁判所がラチャダピセークの
土地取引事件で権威濫用したことを認定したため刑事罰を受ける
直前にタイから海外逃亡しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。