タイのオンライン決済企業が増加

タイ国内ではアリババ・グループの運営するアリペイ、
ウィーチャットが運営するウィーチャットペイなどの
中国企業資本決済システムが流通する中で新興系決済
システムも次々と登場しています。

バンコク大学で試験的に導入されているブルーペイ
BluePay社は2016年に設立された企業で、
安全かつスマートに決済が出来るスマートフォンアプリとして
サービスを提供しています。
同社決済サービスはPCIDSS認可も得ていて、オンラインペイメント
でも安心して使えるとしています。

エアペイAirPayはAirPay(Thailand)社が運営する
決済サービスです。
同社はオンラインゲーム、携帯電話料金、ショッピング決済
などで展開しています。
親会社はオンラインゲーム運営のGarena Online(Thailand)で、
社名はSEAに変更されました。

LINE Thailandでは2016年にタイでモバイル送金・決済サービス
LINE Payを展開する連結子会社LINE Biz Plus Limitedを通じ、
BTS Group Holdings傘下でタイの公共交通システム電子決済用
カード、Rabbitを提供するBSS Holdings Co., Ltdとの資本提携に
合意したことを発表しています。

2017年6月にはタイ中央銀行を中心にタイの主要銀行や
クレジットカード大手等が中央銀行統一規格のQRコード
電子決済を始めると発表しました。
料金支払時に表示されるQRコードをスマートフォンで読み取り、
クレジットカードや銀行口座から引き落とされるシステムを
導入します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。