インドネシア 食糧・農園

インドネシア政府は 食料品生産基地国としての確立を早めるとしています。

経済調整相のHatta Rajasa大臣はインドネシアにおける食料生産基地の
ブランド向上、認知度を高めるための動きを早めるべきと提言しています。

新しい法律の整備により、農業地の改革、コメをはじめとする商品作物の
食料への不動産確保を目指します。

世界的に商品作物 天然ゴム、砂糖、キャッサバ、とうもろこし、大豆などの
価格が上昇、インドネシア国内も不足が懸念されています。
また巨大企業のサポートや投資も歓迎したいとしています。
http://www.thejakartapost.com/news/2011/01/07/govt-speed-development-%E2%80%98foodproducing-regions%E2%80%99.html

ASEAN China Free Trade Area (ACFTA)
アセアン中国FTAの締結から1年経過し、双方地域での貿易量増大と効果が
出ています。
またリテールマーケット市場でも現れていて、インドネシア小売事業協会の
Indonesian Retail Association (Aprindo) アピリンドでは
2010年の小売市場は2009年度と比較して膨大な量の中国製品が流入したことを
伝えています。

特に家電製品、エレクトロニック製品、ファッション、衣料、食品の比率が高かったとしています。
秘書官のRudi Sumampouw 氏がBisnis indonesia紙に コメントしています。

http://www.bisnis.com/index.php/business/4139-acfta-to-affect-retail-markets