1. HOME
  2. ブログ
  3. カンボジア
  4. カンボジアのイオンモールへ行く

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

カンボジア

カンボジアのイオンモールへ行く

カンボジアのイオンモールも訪問して来ました。
プノンペン市内のやや南東の地区。
日系では吉野家、ダイソー、ノジマ、HISなどが入居していました。
駐車場はレクサスブランドのクルマだらけ。
プノンペン市内の道路もレクサスブランドであふれています。

※イオン株式会社及びイオンモール株式会社は2014年にカンボジア王国
 における1号店となるショッピングモール「イオンモールプノンペン」
を開業。
「イオンモールプノンペン」は、当国の首都であるプノンペンの中心に立地。
周辺には高級住宅街やホテルが立ち並び、中高所得層の世帯が大半を占める
など、今後さらなる発展が見込めるエリアです。
イオンは、このエリアにカンボジアで最大規模かつ初のショッピングモール
を出店することで、地域の皆さまに新しいライフスタイルをご提案します。
「イオンモールプノンペン」の最大の特徴
・最先端のテナントミックスを実現しました。
・カンボジア王国初出店のテナントが107店舗出店。
・プノンペン市内の高感度ローカルブランド43店舗出店。
・日本からの出店テナント49店舗出店。

入口には自動で開きますとの注意書き、エスカレーターも慣れない
カンボジア人のためにガードマンを一人常駐させています。
中に入ると完全に日本スタイルのイオンモールです。
買い物をしているのは富裕層のカンボジア人、一部外国人。

その中でHISの店舗の前にあったのは『Laundry Store iClean』。
日系の大阪からのクリーニングだそうです。
日本の有名ホテルで実績を積んだ技術者がハイクオリティなクリーニング
サービスを提供。
日本製の機械を導入しており、満足の仕上がり。
カンボジアのクリーニング店では難しかった染み抜きも通常料金に
含まれているそうです。

Yシャツは2.5ドル(300円)、1点洗いは5ドル(600円)。
スーツ上下は8ドル(960円)、1点洗いは16ドルだそうです。
お届けは翌日仕上げが可能で、デリバリーも行うとのこと。
まだまだ日本人人口も少ない中で、日本式クリーニングを導入している
会社があることに非常に触発されました。
カンボジアでの事業チャンスは山ほどありそうです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事