カンボジアの経済では2016年度で力強い経済成長

アジア開発銀行は、カンボジアの経済では2016年度で力強い経済成長を
予測しています。
ADBでのカンボジア経済は2015年度7.0%増の成長で、
2016年度は7.2%増になっています。

縫製・衣料産業が伸びていて、建設産業、観光サービス産業、
不動産も引き続き伸びています。
衣料、靴製造関連の輸出などが今後成長する予測を出しています。
今後の課題として縫製産業では、ミャンマーとの受注競争、
ドル高による為替の影響などがマイナス不安要素になるとしています。

同国のインフレでは2015年度で1%増で、輸送コスト、燃料コストの減少で
大きなインフレーションになっていません。

カンボジアの今後10年間の経済改革方針と具体的目標を定めた
「カンボジア産業開発政策(Cambodia Industrial Development Policy)
2015~2025」の発表がされています。
カンボジアでは中進国を目指すべく政策プログラム、方針を発表しています。