インドネシア化粧品大手、マンダム・インドネシア、マルチ・インドシトラ社など【インドネシア:化粧品】

インドネシア証券取引所(IDX)にはムスティカ・ラトゥ社、
マルタ・ベルト社以外にも日系化粧品・香水メーカーの
マンダム・インドネシア(TCID)が上場しています。

マンダム・インドネシア(TCID)社は1970年設立、
1993年にインドネシア証券取引所(IDX)へ上場しました。
化粧品製造・卸販売、スキンケア、化粧品、ヘアケア製品、香水、
パーソナル製品などを取り扱っています。
主なブランドはGatsby、Pixy、Pucelle、Tancho、Mandom、
Spalding、Lovillea、Miratoneなどがあります。

主にインドネシア国内向けですが、アラブ首長国連邦(UAE)、
日本、インド、マレーシア、タイなどにも輸出しています。
2017年業績は売上2兆7060億ルピア、純利益 1791億ルピアでした。

2017年時点のインドネシア化粧品市場規模は約30兆ルピアと
予想されています。
マンダム・インドネシア(TCID)のシェアは約6%程度ですが、
ヘアスタイリング分野でのシェアは70%を越えるとされています。

その他にもインドネシアのベビー向け製品、化粧品、ヘルスケア
企業としてマルチ・インドシトラ(MICE)社があります。
1991年に設立された同社はベビープロダクト、卸売り、
ヘルスケア製品、アクセサリーなどを扱い、ピジョンブランドの
販売を手掛けています。

スキンケア製品ではASTALIFT、AIBUなどのブランドを展開中です。
また、照明器具ブランドHORIなども手掛けています。
2017年業績は売上5710億ルピア、純利益171億ルピアでした。